地質調査 福岡 広島/ボーリングや物理深査・地下水源開発など

採用情報ホーム実績紹介機関登録/所属団体のご紹介有資格のご紹介事業内容紹介事業内容一覧環境部門環境アセスメント計量証明事業作業環境測定・アスベストナローマルチビーム(海底地形調査・深浅測量)産業物部門産業物コンサルタント砂防・地質・防災構造物部門砂防・斜面防災地質調査・解析構造物点検・補修設計土木構造物測量・設計外壁調査(THERMO DELTAとKUMONOS)GIS関連データ作成 機器販売・サービス部門投げ込み式水位計(HDセンサーシリーズ)ご利用の流れ分析依頼書ダウンロード会社案内お問い合わせ
ボーリング、斜面安定解析、軟弱地盤対策構造物基礎、切土計画などの地盤・地質の解析業務に豊富な実績を有します。地下水源開発や適地選定などの業務も行っております。
お問い合わせ・ご相談/お問い合わせ:092-282-6850/|分析センター:092-627-3222|受付:9:00〜18:00(月〜金)
依頼書ダウンロード
メールによるお問合せ

プライバシーポリシーリンクサイトマップ
トップページ事業内容紹介 ≫ 解析業務

事業内容

砂防・地質・防災・構造物部門

地質調査・解析

構造物基礎、切土計画、斜面安定解析、軟弱地盤対策など、土木地質全般の地質調査及び解析業務を実施。
また、地下水源開発や開発に向けた適地選定など、水理地質関連業務も行っています。
地質、地盤、地下水の調査は、あらゆる建造物を建設する際、また長期に渡って良好に維持するためには不可欠な調査です。
対象事業
地表地質踏査 ボーリング 物理深査
サウンディング試験 地下水開発 水文
斜面安定解析    
地表地質調査
一見同じように見える地面も、地中はそれぞれに異なります。そのため、調査は、地下の水源や、構造物の地盤がしっかりしているか確かめる上でも不可欠です。
近年、あまり目立つことの無い分野(メニュー)となりましたが、過去には様々な局面で山から海までサービスを提供してきました。
事例紹介
断層の様子トーナル岩にみられる断層 断面図の様子トーナル岩断層の断面図
2〜5層東壁面の2〜5層の写真 5〜6層東壁の5〜6層の写真
面構造変成岩類に発達する面構造 二枚貝・腹足類の化石が密集する層層群下部層の淡褐色砂岩に見ら
れる二枚貝・腹足類の化石密集層
色泥岩及び凝岩の様子層群上部層における特徴的な赤紫
色泥岩及び淡緑色を呈する凝岩
堆積物の境目の様子火砕流堆積物と堆積物の境目
火砕流堆積物火砕流堆積物の近影 堆積物に発達する層理堆積物に発達する層理
地質平面図断層調査による地質平面図
ボーリング調査
地面に孔を掘って地質の状態を明らかにする調査です。主に、大規模な構造物を建築する際や災害対策など、地質の状態を確認する必要がある場合に行います。
当社は、近年、土壌汚染関連のサンプリングが主体となっていますが、岩盤〜軟弱地盤まで調査・試験・計器設計等、一般的業務にも対応いたします。
事例紹介
山林の地質をボーリングしている様子山林でのボーリングの様子 推定地質断面図推定地質断面図
ボーリングの様子作業中の様子 ボーリング全景ボーリング全景
物理深査
近年は、地下埋没物や構造物健全度判定を主体としたレーダー採査を主力としております。レーダー探査は、地中情報を金属、非金属を問わず効率的に探査可能。しかも、非破壊検査なので、路面や壁面を痛めることもありません。
また、電流の流れから地盤性状を把握する電気深査及び、地表地質調査では見つけることが難しい断層破砕帯の把握に有効な放射能深査など、地下水深査・温泉深査の分野でも多くの実績を積んでいます。
サウンディング試験
動的コーン貫入試験や、スウェーデン式サウンディングなどによる地盤調査も対応します。
地盤の情報を得ることで、未然に地盤事故や過剰な地盤改良工事を防ぐことができます。
地下水開発(深査)
地下水深査に関しては、地形判読、物理深査、水質分析など、多面的にアプローチを行い柔軟に対応いたします。
当社では、長年培ってきた知識と情報、技術力でお客様からのご要望にお応えします。
水文調査
ため池漏水調査、塩分濃度測をはじめとする、水文調査や地下水調査にも対応いたします。
例えば、地下水調査では、揚水能力、賦存量の推定、資源としての有効性などを評価するなど、対策工の設計資料データとして活用できる調査報告を行います。
斜面安定解析
道路や鉄道路線、ダム、堤防等、人工的な斜面の建設中や建設後の崩壊、また山岳地帯や丘稜地の自然斜面の崩壊を防ぐには、斜面安定解析は必要不可欠。
当社では、地すべり、急傾斜、切土法面、盛土斜面など斜面安定については、調査から対策工設計まで豊富な実績を有します。
お問い合わせ/092-282-6850|受付/9:00〜18:00(月〜金)|
分析センター/092-627-3222|受付/9:00〜18:00(月〜金) 依頼書ダウンロード
Copyright(C) 2009- E-SYSTEM Corporation All Rights Reserved.